フリーマントル刑務所見学レポの続きです。





英語ですがツアーに参加して日本語のオーディオガイドを借りました。

08

敷地内はと~っても広くて刑務所っぽくない佇まいでした。

14

でもよく見ると窓には鉄格子が・・・。
そりゃそうですよね。

13

ツアーはここからスタートです。
ここは、刑務所に収監される囚人がまず始めにこの場所で身体検査を受ける部屋です。
↓この椅子に一列で座らされて着ている物は全て脱いで持ち物など袋にまとめてフックにかけるそうです。

17

着ているもの全て脱いで全裸になったらこの印の幅に足を開いて立ち隠しているものは無いか検査を受けた場所で、この印は同時のものだそうですよ。

16

収監される人の身体検査前のシャワールームも当時のままです。

15

独房棟です。この雰囲気よく海外の映画で見ますよね。
ネットが貼ってあるのは囚人の自殺防止のためだそうです。

11

独房・・・狭い!!!
ハンモックなのは刑務所が出来た1887年初期のものです。

10

徐々に改善され2段ベッドも!部屋も広くなっていました。

09

グラウンドの塀には脱走防止でガラスの破片が・・・。
これは刑務所が建てられた初期のアイデアだそうです。

12

フリーマントル刑務所は1991年まで使用されており、1964年まではこの刑務所でも死刑も行われていたということで実際の処刑台も残っていました。
写真も撮ったけど衝撃的するので掲載は控えます。。。

記事では紹介できない程見どころ満載のフリーマントル刑務所!
世界遺産にも登録されているので見学する価値は絶対ありです。


ブログをご覧いただきありがとうございます♪
ポチで応援よろしくお願いします。

  

にほんブログ村 美容ブログ 韓国コスメへ

こちらも応援ポチお願いします♪
  
 
 ↑ ↑ ↑ ↑    
皆様の応援クリックが更新の励みとなります<m(__)m>

insta